産褥トレーニング+α

- 正しく産後の回復をすることが健康的にイキイキと活動できる源となる -

私たちの目指すところ

元タッチラグビードイツ代表のチームメート同士、Annie(トレーナー)とKirstin(スポーツ科学者)のコンビが日本語で産褥トレーニング+αを提供! Training unter Freunden(仲間同士のトレーニング)をモットーに、コースでは身体的、精神的、社会的な要因を相互に組合せ、リンクさせることで参加者の Well-Being の向上と、更なるレベルへの到達をサポートしています。

異国ドイツで出産し、「産褥体操に通った方がいい」と言われても何をしていいのかわからないという方も少なくありません。また、育児に追われ、家族のことを優先してしまいがちになり、産後の体の不調や妊娠・出産による変化・ダメージを正しくケアせずに放置してしまっている方もまた少なくありません。産後の大事な時期に適切な知識を習得し、努力して正しく回復することが健康的にイキイキと活動できる源となり、産後何十年経ったとしてもメリットをもたらします。

私たちは、古典的な助産師との産褥体操に+α(プラスアルファ)なフィットネストレーニングの要素を取り入れ、産褥期から産後1年を視野にした体作りを、骨盤底の解剖学と機能に関する理論の知識を深めながら、日常生活に継続できる方法の指導を、以下3点の要素を組合わせて実施しています。

トレーニングを通し
  • Well-Being:身体的、精神的、社会的な健康向上
  • Social Inclusion:産後の共通課題に取組むコミュニティ作り
  • Self-Empowerment:自己理解、自己実現する力を高める

健康的にイキイキと活動できるママのサポートを目指します!
Image
Image

コース概要

妊娠・出産は、骨盤底筋に大きな負担がかかり、問題が生じることがあります。産後は十分に強化しないと、失禁、膀胱脱、子宮脱、腰痛のリスクがあります。

このコースでは骨盤底筋について多くの知識や、機能的な動作の習得とトレーニングを実施します。各セッションでは、テーマ毎の解剖学と機能に関する理論・実践を組合わせ、日常生活において持続的に「自主トレ」ができるようにターゲットを絞ったエクササイズを指導します。

その他、産後の体調の悩みや解消法等、よくある質問や悩みも一緒に話し合う機会もあり、また全身をほど良く伸ばすストレッチや軽い筋トレも組合せていますが、体の回復、体力、筋力には個人差がありますので、各参加者は自分に合ったリズム・テンポで実施します。

産褥トレーニングはいつから始めていいの?

自然分娩後6週間および帝王切開後8週間から。

フランクフルトの日程:

フランクフルトでのコースは、Nordend にある FitnessWerkstatt のプライベートスタジオを使用。

  • 2022年 1月より再開予定
  • 8 回  x 75 分 (計 10 時間)
  • 10:45 am - 12:00 pm
  • 130 ユーロ (健康保険による払い戻しはできません)
  • 定員 4 名で、コロナ 3G ルールを適用

デュッセルドルフの日程:

デュッセルドルフのコースは、基本的にオンラインで実施しますが、参加者の体調、腹直筋離開と骨盤底の状態や体の動かし方等を直接本人とお話をしながら確認する必要がある為に初回と最終回は現地で実施。

  • 2021年 11月29日 より 2022年1月27日まで(年末年始はお休み)
    • 11月29日 と 1月27日 の 2回 はデュッセルドルフのヨガスタジオにて実施
    • 2021年 12月2日、9日、16日、23日 | 2022年 1月13日、20日の 6回 はオンライン(ZOOM使用)で実施
  • 8 回 x 75 分 (計 10 時間)
  • 10:45 am - 12:00 pm
  • 160 ユーロ (健康保険による払い戻しはできません)
  • 定員 6 名:まだ空きあり

産褥トレーニング+α  がもたらす嬉しい効果

経験豊かな専門家の指導

  • Annie:妊娠期・産褥期・産後期のトレーニングに特化し、500人以上の妊婦・ママさんの指導経験を持つ。
  • Kirstin:スポーツ科学者として治療の現場で25年以患者のリハビリやトレーニング指導経験を持つ。

日本語での指導

コースは 大阪出身の Annie が日本語で指導しますが、体の不調などスポーツ科学的なチェックが必要な場合は Kirstin が確認。

横のつながり

似たような状況下の人と産後・子育ての情報交換。Facebook のプライベートグループを活用し、悩みや意見交換をするコミュニティーも提供。

自分の体と向き合う

体の調子、妊娠・出産による変化・ダメージ等、自分の体に起きたこと・起こっていることを理解することは、正しい回復と健康的な体作りに欠かせません。

回復・強化していく過程を楽しむのも自分と向き合うことから始まります。

自分の心と向き合う

ついつい自分のことは後回しになりやすく、自分のための時間が確保できない。そして、産後うつや産後の不安などの症状を見落としがちに。

気分を良くする・元気が出る切っ掛け、ストレスの解消法を見つけるのは、まず自分の心と向き合うことから始まります、

赤ちゃんと一緒に運動

このコースは赤ちゃんと参加して頂いて大丈夫です。ママが定期的に運動することで、赤ちゃんにとってもいいお手本となり、運動が身近なものになります。数年後、一緒に赤ちゃんと運動を楽しむこともできるかもしれません。

よくある質問

1

出産後、すぐにトレーニングを始めても大丈夫?

出産後は、まず体は時間と休息を必要とします。 少なくとも6週間の休憩を取って下さい。 また、赤ちゃんと一緒に新しい生活に慣れるためにこの時間はとても大事です。 帝王切開後は、最低8週間は休憩し傷が治るまで十分に待つ必要があります。 トレーニングを開始する前に必ず、助産師または産婦人科医に腹直筋離開と骨盤底筋についてどの様な状態か確認し、産褥トレーニングを開始してもいいか確認をして下さい。
2

どうして産褥トレーニングをする必要があるの?

妊娠・出産経験は人それぞれ違い、産後の回復が非常に早い人もいれば、より長く時間のかかる人もいます。子宮は妊娠中に著しく拡大(7-8倍の大きさ)し、出生後、約1,000g から約50 - 70gに縮小する必要があります。妊娠は体のホルモン状態を変え、腱や靭帯だけでなく、筋肉も「柔らかく」なります。これら組織の緩みを元に戻すには時間がかかりますし、完全に離乳した後にのみ、ホルモンは平衡を取り戻します。その為、妊娠後は体の芯を強化する必要があります。腹直筋離開(腹部の裂け目)を再び閉じる必要がありますし、骨盤底筋は特に強化されなければなりません。したがって、産褥トレーニングは健康に関するものです。
3

コースが始まる前に、自分で体の為に何かできることはある?

子宮と骨盤底筋を回復させる最良の方法の1つは、母乳育児です。ホルモンのオキシトシンは授乳中に放出されます。これは回復のプロセスをサポートします。その為、授乳中に腹部が引っ張られている感覚に気付くママもいます。 出産後は、コースが始まる前であっても、対象を絞ってポイントエクササイズを通じ、体の回復を促進することができます。 助産師に方法を聞いて、指示にしたがって下さい。
4

産褥トレーニングの目標は何?

出産をしたばかりですか?それとも数カ月前のできごとですか?反射的で活発な緊張と知覚が低下しているか・感覚があるか分かりますか?コアマッスル(体幹部にある骨盤底筋群、多裂筋、腹横筋、横隔膜 の4つの筋群のこと)の安定に違和感を感じますか?または骨盤底筋を強化したいけど、骨盤底筋がまだ十分に強くないと違和感を感じていますか? ジョギング、笑い、咳などをする時、以前との違いに気づきましたか? 腹部と骨盤底筋は妊娠・出産の影響を強く受けます。筋肉を認識し、活性化し、強化することは、産褥トレーニングの重要な目標です!! 出産後の専門トレーニングは、普通のフィットネストレーニングの代行ではありません。 これは、失禁や骨盤底筋の問題を感じないで日常生活を始める為の重要な前提条件です。

お問い合わせ・お申し込み